2019年5月19日日曜日

紙芝居|the Japanese picture card show

こどものころ紙芝居みませんでしたか?どんどんと太鼓をならして(関西は拍子木みたいですが関東は太鼓をならしてました。)重そうな自転車の後ろに駄菓子と紙芝居ボックスをのせておじさんたちはやってきました。草がペンペン生えたのび太やどらえもん、ジャイアンがいそうな空き地でこどもを集めてお菓子をかってもらう、そのおまけとして紙芝居をやるのがおじさんたちの商いのやりかたでした。
当時(昭和30年代1950’s)は子供の娯楽といったらメンコ、ビー玉、2Bならしくらいでしたし、テレビもなく、漫画も月刊誌しかなかったので、この紙芝居は人気でした。 ウチのおばあちゃんは私と弟が可愛さに、この紙芝居を買い切りにしてくれたこともありました。でもみんなでたべてみなくちゃおもしろくないので全員の分をただにしてもらったことがありました。

紙芝居は道具市場、紙の市場でときどきでてくる品物です。それだけ廃業しているおじさんが多いということなんですが、またやりたいという人間もでてくるもんです。ですが、滅び去ったビジネスモデルのため食べることができません。活動弁士と同じでなにかあたらしい儲け口をくっつけて営業しないと死人がでることでしょう。

若い人で挑戦するものもでてきたようで頼もしいです。大魔王プラパゴンなんてなつかしいのも演じています。

2019年5月16日木曜日

過去へもどろう|Return to the past

WHO、環境省日本薬学会の勧告では有機フッ素化合物(テフロンやゴアテックスにふくまれる化学物質)の害やさらに使用禁止が叫ばれてきています。鉄鍋鉄フライパンに回帰するしかないようですね。そのほかにも昔にもどるほうがいいことが多いです。

それだけではなくてストローは麦わらストロー(Mugiwara-storo)、パック弁当は経木(きょうぎKyou-gi)竹の皮(Takeno-kawa)笹の葉(Sasa-no-ha)、ペットボトルは竹筒(Take-tutu)にもどせばいいんです。やりましょう!日本にもどりましょう。
これ自体が芸術品の玉子の藁苞(たまごのわらづとTamago-no-waradzuto)

2019年5月13日月曜日

ケアレスミスthe misstake

フランス語の勉強をしているとeとかes,sのつけ忘れでXになります。そのくらいいいじゃないかと思う心がすでにケアレスミスをを容認している姿勢をつくってしまいます。日本語は曖昧な言語ですから、この気持ちに陥りやすい思考形態を我々日本人はもっているといえます。この調子で原子炉やダムの管理なんかしていると大量の犠牲者をだす人災をひきおこしかねません。

宇宙船のシステムは二重三重のケアレスミス(うっかり)に対処できるよう、同じことをするのにいくつかの違った作業手順をもっているようですが発電所や原子炉、ダムや電気の制御にはこのくらいの気遣いが必要じゃあないでしょうか。



ウィリアム・バセット指揮官(ジョン・ボードン証言による)スタニスラフ・イェフグラーフォヴィチ・ペトロフヴァシリー・アレクサンドロヴィッチ・アルヒーポフ、彼らは軍人にとって致命傷にもなりかねない命令違反を犯してもなお、人類の未来のために貢献しケアレスミスに勝利した人たちといえるでしょう。ジェーズTカーク賞をあげたいような人たちです。これについて上手くまとめてくれたユーチューバーの人がいます。
前編
後編

2019年4月30日火曜日

両国フルスロットルthe full power of Ryougoku

長らく工事中だった当店となりの江戸遊さんが新装開店し、北斎通りの新しい人の流れができました。先日当選した山本区長も顔をだしたようです。
江戸雄お風呂男湯
一階の企画展部分が工事中で全稼動していなかった江戸博もご開帳になり。この地区の工事は都営両国駅のエレベーター工事を残すのみとなりました。これからはこの観光資源をみんなの力で維持し、観光、旅行のみなさんを楽しくお迎えすることにつきるとおもいます。

2019年4月26日金曜日

デュオリンゴDuolingo

pocketalkが登場し、瞬時に機械翻訳ができるという便利さを人間に提供しはじめました。そんなに複雑なことを話さない接客会話とか、逆に物凄くこんがらがった専門的な会話は頭を使ってやり取りしないと本質がつたわりません。当店でもちょっとした会話はお客さまにあわせて、その國の言語でおこたえすることがあります。北斎美術館が開館してから外国人のお客様とくにフランスやスペインからいらっしゃる方に対応するためにduolingo(ドウリンゴとよむらしいですが、日本人はみんなデュオリンゴといっています。)を始めました。
レベルというのがあり日本語から英語をまなぶは現在20、英語でフランス語25、スペイン語25、ロシア語19。スペイン語で学ぶフランス語17、ロシア語9。フランス語で学ぶスペイン語15。ロシア語で学ぶフランス語はいくつか表示されません。
聴く話す読むの三つが境目なく勉強できるのでありがたいソフトです。

2019年4月23日火曜日

新旧の壁

谷根千(谷中・根津・千駄木)を歩いていて思いました。どこの街にでもあることですが、新旧の格差があるということです。まあ、いままでの常識でいうと先にやっているところに挨拶にいったり仲間にいれてもらったりするものです。あたらしい店ばかりになってくると、今度はそれで固まりをつくり古い店をないがしろにするようになります。よっぽど器量のある方がまとめないと人や店をまとめるのはむつかしいようです。


この谷中キッテ通りの名前のもとなったお店が二軒この地図には入っていません。片手落ちもいいところですが、時代の流れくらいじゃあ説明がつかない憤り感です。
それでも藍染通りをあるいていたら昔の空き家が上手くつかわれて藤の木をはわせて満開でした。こういう使い方は新旧を取り結ぶとてもいいことだとおもいます。

2019年4月22日月曜日

デザイン

楽天とかペイペイが営業にくるのですが、私はSquareが好きです。なぜなら様子がいいからです。黒くてダサい映画版Xメンのようなそこいらの機械より、白いマックみたいな感じのsquare readerが店にあったほうが鼎の軽重(かなえのけいちょう)を問われないです。
しかもかなり使いやすくなるらしいじゃないですか!みなさんもSquareにしましょう。
(いまのところアメリカ、オーストラリア、日本でしかやっていないサービスのようです。どこで発行したカードでもつかえますけどね。)

2019年4月21日日曜日

黄金湯レコード市

今月の第三日曜日(2019/04/21)墨田区の賛育会病院の近くの黄金湯(こがねゆ)で11001430行われるレコード市にバロックとピアノ曲を中心とした国内版LPを販売します。

時間が短いので是非狙って見に来てください。

買うほうの人は入場料はかかりません、売る方は出品料として460円(お風呂タオルつきなので実質ただですね)かかります。
130-0014墨田区亀沢1-5-10
ギャラリーとく店主 中川栄喜
電話03-3829-0031携帯電話090-2246-2560

タオルなど頂き物、お酒、掛け軸、額装絵画、古本、着物、帯留め和装小物、人形など、お気軽に買取相談ください。
引越しやリフォームの不用品の買取、ご家族のご遺品の処分も丁寧にやらせていただきます。
出張でいないときもありますので、お気軽に携帯にもお電話ください。是非断捨離する前におよびください。

2019年4月19日金曜日

インドの髪を燃やす切り方Salon de coiffure

祝!坪和さんのこの動画がテレビ局に取り上げられました。頭をもやされても取材する坪和さんの根性に脱帽です。彼の動画でずいぶんインドが身近になりました。ありがとう!

2019年4月15日月曜日

西荻におもうLet's enjoy Nishi-Ogikubo

 両国は店形式で道具屋をやっているのは当店くらいだとおもいますが、西荻こと中央線の西荻窪はとんでもなく同業者が多いところで、最盛期は古本屋さんリサイクル合わせて70軒以上がひしめきあっていました。毎日骨董市状態で楽しそうなところです。私も両国に開店する前には、西荻でやろうと思い、物件をさがしまわったこともありました。
 西荻窪の利点はなんといっても家賃が安いこと、それと同業者が適度に離れてひしめきあっていることです。加えて客層もいいとか聞きました。街としての一体感も強いです。不利なところは土日は快速、特快みんなとまらないので吉祥寺か荻窪で必ず乗り換えないといけないところです。また、とくだけの事情ですがあすこまで通うと交通費が家賃一軒分かかるんです。また、激しい流行があり今は古本古道具屋は49軒で、一軒家カフェの42軒がつぎの流行として、せまってきています。
 消長のある西荻窪で変わらぬものといえば西荻アンティークマップです。元締めはアーバンアンティークスさんだったですが、最近は駱駝さんでしょうか?駱駝さんは西荻の一番端っこのほうのお店です。なんだかんだ世話焼きをよくしてくれているようです。
 おいしいものもたくさんあるようですので、みなさんも西荻散歩してみたらいかがでしょうか。とくに欧風カレーの店がたくさんあります。
ギャラリーとくに貼ってある西荻アンティークマップ

2019年4月9日火曜日

時計

時計とくに機械式のものは気まぐれです。中々調子がでません。下の写真の置き時計もお客様のところで見た時は止まっていたのですが当店にきて、ちょっといじくったら動くようになりました。wakoですからセイコー製です。やはり安定感があります。もう一台のもってきたアンソニアは向こうでは動いたのですが、当店ではピクリともしません。

以前、ホールクロックをお客様から預かり、別のお客さまに売るという献残屋をやったときに上手く動かなくて二年くらいいじくっていたことがありました。ここいらの品物は時計さんよりリサイクル屋さんのがよっぽど扱い慣れているということもしりましたね。




ギャラリーとくさん(@gallerytoku)がシェアした投稿 -

2019年4月8日月曜日

ヤフオク浦島太郎

ヤフオクは前500評価くらいまで取引実績があったのですが、今回15年ぶりくらいにアカウントを再登録して再開しました。やはり寄り付きや売れ行きもいいです。しかし金払いの悪さ、評価の遅さを加味すると、ずいぶんスローモーな商売であることがわかりました。
売れるまで一週間、入金まで一週間、お届け2,3日、評価してもらうまで一週間とするとお金になるまで一ヶ月弱かかるじゃないですか!気の短い江戸っ子はメルカリのがはやくていいです。

2019年4月6日土曜日

メルカリにおもう

去年(2018年)はメルカリに随分お世話になりました。上場したときの社長のういういしい発言は希望に満ち溢れたものでした。
 
アナリストは上場するまえから随分懸念をしめしていました。ですが出品するユーザーにとっては財務体質なんかはあまり関係のない話です。営業のところがガンガンまわればいいんです。

その後イギリスから撤退アメリカもそう華やかな噂をききません。売るほうのユーザーとしては日本に資本と営業力を注力してほしいです。勢いがあるうちにもっとフィットする近隣の外国を開拓してもらいたいです。
当店としてはしばらくメルカリはお休みしようとおもいます。便利なんで復活してもらいたいです。

2019年4月4日木曜日

年中無休24時間営業the japanese non stop workings

日本は人口が急速に少なくなっています。その中で年中無休24時間営業をしているコンビニエンスストアはスライディングして営業員を確保して回しています。しかし、もう人不足はコンビニだけに労働集約することをゆるさない環境になってきました。それでも年中無休24時間をオーナーにしいるというのは非人道的な仕業だといわなければなりません。劣悪な労働条件下でおこることは何か?例のとんでもない店員が続出するのをとめられないでしょう。

かんがえてみれば年中無休二十四時間営業は人殺しのようなシステムです。九品仏に3人で年中無休二十四時間営業をやっていた「福風」(ふくかぜ)という居酒屋がありましたが、「最近では死ぬからやってません」(三人だけでまわしていないという意味)と言ってました。あの屈強な三人でも何年かしか維持できなかったわけです。あの苦行を強いる経営者は自分が一年やってみなければなりません。

サイバー空間

当ブログのアクセスをみると


アメリカ合衆国
11
ルーマニア
10
インドネシア
8
ドイツ
6
日本
5
アイルランド
2
ベルギー
1
ポルトガル
1

となっています。なんだかルーマニアとかアイルランドあたりはおっかないかぎりです。ワナクライなんかをばらまいているんですかね。

月でみると

アメリカ合衆国
218
ルーマニア
120
日本
95
ドイツ
81
フランス
68
ポルトガル
21
ウクライナ
21
不明な地域
12
アラブ首長国連邦
10
イギリス
9

ルーマニア、ウクライナなどサイバーテロ大国の名前のほかに不明な地域というもっと危険なのもいます。

また最近ルーマニア比率がたかくなりついにアクセス数一位になってきました。勘弁してくだされドラキュラの末裔よ。

神よサイバー空間に平和をくだされたまえ。